針金ハンガー(クリーニング屋でもらえる)を布ハンガーにリメイク!

布ハンガー

クリーニング屋さんでもらえる針金ハンガーを布ハンガーにリメイクしました。

キャミソールやポリエステル、シルクのようなつるつるサラサラした生地の服はハンガーからするんと落ちることがありますよね。

デコルテの大きく開いたシャツやTシャツも落ちやすいです。

そんなときに布ハンガーを使うと、服をかけたときの摩擦力ですべって落ちないのです。

市販されているのを買ってもいいのですが、クリーニング屋さんでもらった針金ハンガーがたくさんあるので、リメイクしてみました。

どなたでも簡単に作れますので、針金ハンガーの再利用にぜひ!(*^-^*)

布ハンガーの作り方

ハンガーに使う布はハギレでもなんでもOKです。
どうせタンスの中なので誰も見ないから古いシーツでも大丈夫!

用意するもの

  • 針金ハンガー
  • ハンガーの2倍の大きさの布
  • どうでもいい布(肩の厚みを出したい場合)
  • セロテープまたは布用接着剤(100均で売ってます)

布ハンガー 作り方 その1

布ハンガーの作り方

① 針金ハンガーの上の部分に適当な布を巻いて端がほどけないようセロテープで止める(テープが嫌な人は布用ボンドで止める)

この部分に厚みがあると、重量がある衣類(ニットなど)の型崩れが防げますが、厚みのある生地でつくる場合は、とくに巻かなくてもかまいません。

私はこの巻き巻き用の布は着なくなったシャツやTシャツで作っています。

布ハンガーの型とり

② 布を2枚重ねて、ハンガーの型をとる。この型に沿って縫っていきますので、裁断するときは1~1.5㎝の縫い代をつけて切ってください。

布ハンガーの縫い方

③ 片側だけ縫う(下が輪になってる場合)
もう片側はハンガー挿入部分になるので、最後に縫います。

布ハンガーの作り方

③ 表に返す前に、まだ塗っていない部分の縫いしろを折って線をつけておく(目印がないとあとで縫いづらいので)

布ハンガー 縫い方
④ 表に返してハンガーを入れて、下から上に向かって縫う(下から縫った方が縫いやすい)

コの字縫い

縫い方はコの字縫いにすると外側に縫い目がでません。

折り山と折り山を突き合わせて縫い、ゆっくり糸を引っ張ると

コの字縫い 縫い方

布がくっつきます。(強くひっぱると布がよれます)

上部いったら布とハンガーを固定するように縫います。

手作り 布ハンガー

できあがり!(縫う前にアイロンをかけ忘れました・・・(;’∀’)

布ハンガー 作り方 その2(簡単)

その2というほどのものじゃないんですが、布の裁断方法で、もっと簡単にできます。

布ハンガー 作り方

端の処理がしてある部分を、布ハンガーの下部にして裁断すると、赤い線の部分だけ縫えばよいのでもっとお手軽に作れます。

頭の部分をあけて両サイドを縫いましょう。

 

上部のハンガーの取っ手が出る部分と布を固定しておけば、下の部分はとくに合わせて縫わなくても大丈夫です。

手作り 布ハンガー

こうした実用的なものを作ると自分でももちろん使いますが、友達にプレゼントすると「服がすべらなくていい‼」とかなり喜ばれます。

針金ハンガーのリサイクルになるので、ぜひ作ってみてください(*^-^*)

コメント