三角サシェ・ラベンダーポプリの簡単な作り方(図解あり)

毎年庭でとれたラべンダーでポプリを作っています。

庭のラベンダー

ラベンダーの香りには安眠効果があるので枕元に置いてみたり、また、ハンガーにつるすと防虫剤の代わりになると言われているので、南仏では土産物屋さんやいろんなショップでもよく売られています。

いつもは長方形に縫ってリボンで縛るだけのサシェを作っていましたが、たまにはちがうタイプを・・・と、三角サシェを作ることにしました。

お裁縫が苦手な方でも手縫いで簡単にできますし、端切れの有効利用にもなります。

ミシンを使わないのでテレビ見ながらのんびりチクチク縫えます(*^^*)

三角サシェ ラベンダーポプリの作りかた

参考サイト aya’s cafe  手芸材料とフランス雑貨のお店

三角サシェラベンダーポプリ 手縫い

材料

  • 15×7.5㎝の布(13×6.5㎝、12×6㎝のように一方の長さ×2倍でOKです)
  • リボンまたはレース 7~10㎝(100円ショップに豊富にあります)
  • 乾燥ラベンダー(作り方は後記します)

三角サシェ 縫い方

三角サシェの作り方

① 2枚の布は最初に縫い付けておく(1枚で作る方は②から始めてください)

三角サシェ 布の型紙② 表側の中心線のすぐ横に(左右どちらでも可)リボンを縫い付ける。

三角サシェ 縫い方

③ 裏返して、返し口を残して赤いラインを縫う

※この返し口が小さいと表に裏返すときキツイので、あまり小さくしない
※この返し口からラベンダーをいれる

ラベンダーポプリ 三角サシェ 縫い方

④  三角になるよう中心線を合わせて、袋を閉じるように縫う。

三角サシェ 返し口からひっくり返す

⑤ 返し口から布を裏返す(返し口に指を入れて、リボンを引き出すように布を返すをやりやすいです

⑥ ラベンダーをサシェのなかにちまちまと詰め、返し口を縫う。

できあがり!

三角サシェ ラベンダー

布を2枚合わせたり、レースをつけたり、いろいろ楽しめます。

リボンがあると、ハンガーにかけられるので便利ですね。
底があるので、安定感もあります。

 

次はサシェに入れる前の乾燥ラベンダーの作り方です。

収穫したラベンダーの下処理

収穫したラベンダー

ラベンダーは約30種類ほどあるそうですが、南仏では成長すると株が丸くなるタイプのものが人気あります。5月ごろからつぼみができはじめ、6月には満開になります。

ポプリにするには花が咲き始めたころに収穫するのが良いと言われていますが、私は花が咲き終わってから収穫します。

その理由は、花が咲いてるときは、蜜がたくさんあるのでミツバチがいっぱいやってきます。

じつはこの蜜がちょっと曲者で、しっかり乾燥させないとサシェの中でカビが生えてしまうんですね。

なので私はミツバチに蜜をいっぱい吸い取ってもらってから、収穫しています。

ラベンダー 陰干し

ラベンダーを穂先から外す作業は丸1日かかりますが(ハサミで切らずに手でほぐすとつぶつぶが残っていいかんじに仕上がります)、溜めていたドラマを見ながらひたすらバラして、1~2日陰干しにして乾燥させます。

干し終わったラベンダーは紙袋にいれて保存します(ビニールにいれるとカビが生えやすくなるので)

アマゾンの乾燥ラベンダーがお手頃価格でした

ラベンダーのポプリは、ほとんどは友達にプレゼントしてしまうのですが、防虫剤の効果があるので私はタンスにいれたり本棚にも置いたりしています。

ラベンダーを植えてらっしゃる方、ぜひ作ってみてください(*^-^*)

コメント