火事になっても花火を続けるフランス

今日は、先日見た不思議な光景のことを書きます。

7月14日のパリ祭と8月15日の聖母被昇天祭に、花火をドカンドカン打ち上げるフランスですが、先日友人宅の庭からこの花火を見ていたときのことです。

IMG_0951
よく見ると花火の右下で火事が起きていました。
(デジカメの性能が悪く写りが悪いです。)

南仏は夏はめったに雨が降らないため、山火事になる災害がとても多いのです。

ミストラルという強風が何日も続く時にこの山火事が起きると、山は数日間燃え始め、大変な災害になります。

私の住んでいるところも、5年くらい前に火事がおき、けっこう長時間燃えていました。

IMG_2406

この画像は2階窓から撮りました。

その後は煙が入ってこないようボレを閉め、窓も閉めて過ごしました。

まあ、そういうわけで大変怖い山火事ですが、

IMG_0954

消防車が必死で消火活動している横で、花火がバンバン上がっていました。

危なくないんでしょうかねえ・・・。

火事が広まって花火に引火することは考えないんでしょうかね・・・。

私たちは遠くにいたので、花火も火事も良く見えましたが、

IMG_0957

結局最後まで景気の良い花火がバンバン上がってました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました