与論島旅行記⑨ヨロン島ビレッジ【ヨロンの味たら】は食事が美味しく一人旅にもおススメの宿!

ヨロン島ビレッジには、予約の際に送迎のリクエストをしてありましたが、前日に電話をかけて、プリシアリゾートから13時発の空港行のバスに乗るからと、空港までのお迎えをお願いしておきました。

そしたら空港に着いたら、すでにビレッジからのお迎えの車が来ていて、すぐにホテルへ向かってくれ、道中、ドライバーさんがヨロン案内もしてくれました。

ホテルヨロン島ビレッジ

ヨロン島ビレッジ 外観

ヨロン島ビレッジのチェックイン時間は14:00ですが、時間前にもかかわらず、部屋に案内していただけました。ポイント高いです!

あいにく梅雨入りしてしまったのでお天気はイマイチですが。

ヨロン島ビレッジ 外観

プリシアリゾートが白と青を基調としたリゾートホテルだったので、外観的にはちょっと見劣りするイメージですが(すみません・・)なんといっても食事が美味しい!と評判のホテルなので期待値大です。

部屋のタイプは2種類

ヨロン島ビレッジには2つのタイプの部屋があります。

  • ホテルタイプ(洋室、ツインベッド、ベランダ付、海が見える、wifiあり)
  • ペンションタイプ(洋室or和室、内庭が見える、「めがね」の部屋はこちらのタイプ)

ホテルタイプの方が+2,000円くらいです。

ヨロン島ビレッジ ホテルタイプ

私はベランダから海が見たかったのでホテルタイプを選びましたが、ツインベッドの他、たたみの座敷がある和洋室でしたので、とても使い勝手が良かったです。

ベランダは屋根がないので雨の日は出られませんが、お天気が良ければテーブルでくつろいだり、水着やバスタオルなどもベランダで干すこともできます。(もの干しグッズ有)

お風呂場もユニットバスではなく、一般家庭のような広めのお風呂です。

ホテルというより、マンションのようなイメージですね。

しっかりとした玄関があり、防音もしっかりしているようなので、隣の物音などもぜんぜん聞こえませんでした。

ヨロン島ビレッジ 犬

ベランダから看板犬の「ケンとマゴ」が見えます。

マゴは切株の上にいる率が高く、笑えます。

お散歩に連れ出すことができるので、一緒に散歩するのも楽しいですね!

ヨロン島ビレッジの食事は本当に美味しい!

ホテルヨロン島ビレッジ 夕食

島ごはん・・・というのでしょうか。

かなり美味しいです。何を食べても美味しいです。口コミの評判は本当でした。

ヤバイごはんが美味しすぎて生ビールもいっぱい飲んじゃう~♡

このあともう1品でてきて、ご飯、お味噌汁が続きます。

量もたくさんあるので、とても満足します。

1泊2食付きで一人9,000円(二人部屋使用一人のお値段)なので、コスパはかなり良いと思います。

ちなみに1泊朝食付きで7,000円なので、+2,000円でこのレベルの高い夕食が食べられるのです。

ホテルヨロン島ビレッジに宿泊するなら、1泊2食付きを、ぜひおススメします!

ホテルヨロン島ビレッジ 夕食 2日目

2日目の夕食です。

ホテルヨロン島ビレッジ 夕食 3日目

3日目の夕食です。

ホテルヨロン島ビレッジ 夕食 4日目

4日目の夕食です。

それから朝食も素晴らしいです。(画像がありませんが)

洋食・和食と日替わりで出てくるのですが、量がかなり多いです。

朝食を全部食べると、お昼の時間になってもお腹がすきません。

なので私たちはお昼ご飯はもう食べずに、2~3時ごろにちょっとしたおやつを食べて、その後の夕食に備えました。

一人旅の人が多い

食事をしながら気づいたのですが、一人旅の方、かなりたくさんいました!

二人組、グループもいらっしゃるのですが、おひとり様が多いのは、やはり映画「めがね」の影響でしょうか。

プリシアリゾートは、カップル・グループ・ファミリー向けのホテルなので、個人で泊まるにはちょっと気が引けますが、こちらのヨロン島ビレッジは、むしろ、一人、二人と少人数で過ごすのに向いている宿泊施設だと思います。

それから、お仕事で滞在されている方も何人もいらっしゃいました。

とにかくここのホテルは「食事が美味しい」の一言につきます。

この島ごはんを食べに、またヨロン島に行きたいくらいです。

宿泊客でなくても、【ヨロンの味たら】は利用できます。

営業時間:11:00~15:00, 17:00~21:00

ヨロンに行かれる予定のある方はぜひ!

>>ヨロン島ビレッジ

与論島旅行記⑩ヨロン島ビレッジのアイドル犬 ケンとマゴと散歩する
与論島ホテル・ビレッジから歩いて行けるビーチ情報です。ビレッジの看板犬、ケンとマゴと一緒に散歩もしてきました。泳いでも良し、散歩するのもよし、ヨロンの自然がいっぱいのビレッジ周辺の口コミです。

コメント